可愛いと思える宣伝がある不動産屋はとっても印象に残る

とっても元気を感じるのが不動産屋の広告ですね。街でよく目につくのが、緑色に白い文字で「エイブル」と書いてある看板です。この大きな看板は本当に目立ちます。いつも見ると、心が癒される感じがするんです。

心が癒されると、ますます行きたくなるんですね。そんなエイブルの他にも、「ぴたっとハウス」というフレーズの宣伝がとっても印象的です。この不動産屋は、とにかく歌が良いですね。歌がとってもポップで、「ぴたっとは・う・す」と言うフレーズがとっても耳に残ります。それに、あの水野さんの顔がとても印象的なんです。

他にも印象的なのが、「アパマンショップ」ですね。その不動産屋はとっても明るい印象です。小さな男の子の子供が出てきて、それがまるでスーパーマンのようです。黄色と赤色の服を着ては、飛び回る感じの宣伝です。

他には「スーモ」です。まん丸の緑の毛むくじゃらのキャラが出てきては、ピョンピョンと飛び回る感じが印象的ですね。とっても可愛らしい感じがして、それがまた、ますます不動産屋に行きたくなるんです。

そんな不動産屋も、もっともっと楽しく、若い人も入りやすい店構えにして欲しいですね。そういったキャラなどのシールや看板などを付けてもらうと、何だか入りやすいです。

又、もっと店内もポップで良いと思います。風船のような絵柄が壁に描いてあったり、動物の絵が描かれていたりすると、もっと行きやすくなりますね。

物件探しをして成立したら、キャラクターのマスコットやバッジが貰えるともっと良いなと思います。

コメントは受け付けていません。

Posted in 未分類

法人による土地売却

企業などの法人によって土地の売却がなされる例は、多くの地域で確認されているのではないかと考えられています。不要となった土地を売却する動向が着実に増加してきており、土地売却の相談や査定にあたる業者がこうした依頼に応じるケースが度々確認されています。法人による土地売却は、多くの場合広大な土地が対象に据えられることが多いため、個人の土地売却に比べて的確に鑑定を進めていくことが重視されていると言えるのではないでしょうか。また、どのような目的で土地の売却をするかをできるだけ明確にすることも、法人の売却のケースでは重要視されるようになってきているのではないかと推測されています。
このようにして、法人による土地売却が実際に展開される例は、年々増加してきているのではないかとみられています。そのため、従来よりも適切にこうした売却の依頼に応じることの可能な業者が多くなっていくことが希求されていくのではないかと思います。また、企業などの法人によって売却された土地の買い手を早い段階で見付けていくことも、土地の有効利用に直結するとされているため、大事になっていくのではないでしょうか。今後はこうした点も大事なものとして認識されるようになっていくのではないかと考えられており、幅広い業界からの関心が示されるようになるのではないかと見込まれています。また、現在よりも土地売却を模索する法人も多く見受けられていくのではないかと思います。

コメントは受け付けていません。

Posted in 未分類

土地を売るにはどのくらい時間をかけるのかという問題

自分や家族が財産を持っている時はそれを売ることができます。土地は大きな財産になるので売ると一気に世界が広がります。また色々な気持ちがある場合には慎重に土地売却を判断するのが大事です。
不動産の売却では単純に結果だけを追求することが多いです。しかし今ではある程度の時間をかけて売却を終わらせるようになっています。土地売る場合でもいきなり高額で売れるというイメージはあまりないです。

現実的に考えると高額な不動産は長期的に取引をして売るのが良いです。直に土地売却を決めてもそこで何かの損をする可能性があります。具体的には相手が良い条件を出すまで待って取引に応じるべきです。
どんな不動産でもある程度の金額になるので注意をした方が良いです。土地は非常に価値が高いので査定をして理想の結果になるまで待つべきです。そういった不動産の相場は常に情報が発信されているのでチェックすると助けになります。

実際には長く待った方が土地売却では成功するケースが多いです。それはしっかりと相手や業者を選んで土地売却をしているからです。単純な判断でこういう取引を進めなければ自然に良い価格にはなります。
土地売却には一定のタイミングもあるので自分で待つことが大事です。ここで早く売ることを考える人は慎重に行動するのがコツです。また自分の土地がどのくらいの人気なのかも知ると取引が良くなります。
結果的には十分な時間をかけて土地売却をすることで間違いない結果になると思います。

コメントは受け付けていません。

Posted in 未分類

不動産について思うこと

みなさんは不動産屋というとどういうイメージがありますでしょうか?
きっと多くの方は不動産屋というとあまり良いイメージがないと思います。

それはどうしてかというと、不動産屋というと昔から広告で良い物件があると謳っていても実際にその物件を紹介してくれと言ってももうその物件は売れたと言われる事が多かったからです。

ですから、そういうイメージもあってなかなか不動産屋に対して良いイメージが湧かないと思います。確かに一昔前はそういう事がよくあったと思います。

ですが、今はそういう事をやっている不動産屋は減っていると思います。
それはどうしてかというと、そういう事をやっていると今の時代はインターネットもあるので簡単に悪評が広まってしまって誰もそこの不動産屋を利用しなくなってしまうからです。

特に広告で良い物件を紹介しておいてすべて売れたなどと言っていたらすぐにその評判はネットを通じて広がります。なので今の時代は昔ほど悪徳な事をやっている不動産屋は減っていると思います。

少なくとも私が実際に最近になって利用した不動産屋はそう感じました。
第一最近は明らかに安すぎる物件を掲げている不動産屋自体見なくなったように思います。

ですから、もしみなさんの中で不動産屋が悪いというイメージを持っているならその考えは捨てて欲しいと思います。少なくとも今はそういう見るからに悪質な広告で騙そうという不動産屋はなくなったと私は思います。

コメントは受け付けていません。

Posted in 未分類

マンションの一室を借りていて

マンションの一室を借りていて、玄関の電球を取り替えても付かなくなり、また部屋の照明のひもがちぎれて短くなってしまって、それを不動産屋(大家)に相談したときのことです。電球のことを伝えると、受付の女性は「直接、部屋に入って直してもいいですか」と言いました。いいわけないと思いますが、それをいうと、「待ち合わせの日程・時間」を決めるという流れになりました。

あのー、正気ですか?と思って当然です。常識からいって、直接部屋に入って電球を直しはじめるなんてことがいいわけがないではありませんか。それは罪に問う部分になってきます。だから、あの不動産屋の神経を疑いました。

先日、不動産屋に関するトラブルの番組をみましたが、家賃を払わない住人の部屋に担当者が入って「払ってください」と言った件です。これはどう考えても常識外です。そんなことがあってはならないのと、罪の問題になってくると思います。

ということで、不動産屋と契約するときには、慎重に契約すべきかなと思います。悪い不動産屋が消えていき、良い不動産屋が残っていくことを祈るのみです。念のため、契約書に書いてある内容についても読んでおいたほうがよいかもしれません。

とくに賃貸を出るとき、修繕費がかからないかどうかというのは、気がかりな点ではあります。普通はかからないと思います。でも、念のため入居する前の状態を写真で撮影して、万が一何かあったときの対抗手段を残しています。

コメントは受け付けていません。

Posted in 未分類

入りやすい不動産屋と入りにくい不動産屋

街中を歩いていると、いろんな不動産屋があることがわかります。
ですが、外観からして、店の中に入りやすい不動産屋もあれば、入るのにちょっと抵抗があるような不動産屋もあります。
やはり外側から見て、内部の様子がわかるような不動産屋は安心して入ることが出来ます。
特に壁がガラス張りだったり、ドアがガラスで中がよくわかる店はとても入りやすいと感じます。
そうした店は不動産屋の社員の様子も外側から窺うことができます。
受付に来客に対応する女性がいるような店はすごく入りやすい感じがします。
ですが、中が見えていても、ちょっと怖い感じの男性社員がふんぞり返っていたりすると、そのまま回れ右をして帰りたくなったりします。
それに対して、中の様子がまったくわからない不動産屋は中に入ること自体、勇気がいります。
いったいどんな感じの不動産屋なのかわからないですし、店の人もどういう人なのかわからないわけですから、不安に思うのは当然です。
季節にもよりますが、ドアがオープンになっている店だと気軽にぶらっと入ることができます。
そうしたお客さんの思いを汲んだオープンな感じの店舗はやはりお客さんも多い感じがします。
もし、不動産屋さんの中でお客さんがあまり来てくれないと感じているなら、一度店舗についてお客さん目線で考えてみたほうが良いかもしれません。
そして、お客さんの入りやすい店づくりをすることを意識したら良いと思います。
場合によってはそのためにリフォームも必要になるかもしれません。

コメントは受け付けていません。

Posted in 未分類